「恐竜と鳥は近縁」新たな証拠発見、アミノ酸配列が類似・ニュースをコピペして保存しているブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恐竜と鳥は近縁」新たな証拠発見、アミノ酸配列が類似


「恐竜と鳥は近縁」新たな証拠発見、アミノ酸配列が類似
4月13日3時12分配信 読売新聞

記事引用 Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070413-00000401-yom-soci
【ワシントン=増満浩志】6800万年前の恐竜ティラノサウルスの化石に、
骨を構成する繊維状たんぱく質のコラーゲンが残っていることを、
米ノースカロライナ州立大などの研究チームが確かめた。
コラーゲンの断片7種類について、構成要素のアミノ酸の配列も解明、
鳥によく似ていることがわかった。

「鳥と恐竜が近縁であることを、骨の形以外から示す新たな証拠」として、
13日付の米科学誌サイエンスに発表される。

化石は米モンタナ州で見つかった大腿(だいたい)骨。
保存状態が良く、軟組織が残っていることが2年前にわかっていた。
今回は、そこから化石化を免れていた微量のコラーゲンを抽出し、
ペプチドとよばれるたんぱく質の断片に分けてアミノ酸の配列を分析した。

スポンサーサイト
Copyright © 気になったニュースをコピペして保存しているブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。