愛ちゃん 自己最高の準優勝・ニュースをコピペして保存しているブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛ちゃん 自己最高の準優勝


愛ちゃん 自己最高の準優勝
4月17日6時4分配信 スポーツニッポン

記事引用 Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070417-00000016-spn-spo
卓球のブラジル・オープンは15日、ブラジル・ベロオリゾンテで
国際卓球連盟(ITTF)プロツアー大会として行われ、
日本女子のエースで世界ランキング12位の福原愛(18=ANA)が
同ツアー女子シングルスで自己最高となる準優勝を果たした。

準決勝でスン・ベイベイ(シンガポール)をストレートで下して決勝進出。
決勝は世界7位の帖雅娜(香港)に1―4で敗れたものの、
06年ドイツオープンの4強を上回る自己最高成績をマークし
「大学生となって初めてのプロツアーで決勝まで進めたのは、とてもうれしかったし、
自信になりました」と笑みを浮かべた。
1日にともに早大に入学した野球部の斎藤佑樹投手が、
14日の東大戦で初勝利を挙げており「早大生として一緒に頑張りたい」
と話していた福原にとっても発奮材料になったようだ。

来年1月発表の世界ランクで上位20人(1カ国・地域2人まで)に
北京五輪出場権が与えられるため、
成績がランクに反映されるプロツアー大会の緊張感は例年とは違う。
福原は「次のチリ・オープンは、また気持ちを引き締めて、
自分の卓球ができるように心掛けて頑張りたい」と話した。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。