スキャンダル続きの巨乳女優スザンヌ・シャオが復活、「全裸もOK!」映画に意欲―香港・ニュースをコピペして保存しているブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャンダル続きの巨乳女優スザンヌ・シャオが復活、「全裸もOK!」映画に意欲―香港


スキャンダル続きの巨乳女優スザンヌ・シャオが復活、「全裸もOK!」映画に意欲―香港
8月20日22時43分配信 Record China

記事引用 Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070820-00000029-rcdc-ent
2007年8月19日、このほどバリー・ウォン(王晶)監督と、
映画およびドラマへの出演契約を交わしたことを明らかにした
タレントのスザンヌ・シャオ(蕭淑慎)が香港でインタビューに答え、
「必要なら全裸もOK」と意欲を見せている。

スザンヌは2005年11月に行われた台湾版エミー賞「金鐘賞」の授賞式で、
巨乳を強調するような胸元が大きくカットされたドレスで会場を驚かせ、
これに目をつけたウォン監督から映画へのオファーが転がり込んでいた。
その後、コカイン常習や精神不安定など一連のスキャンダルが発生して
出演話は一時頓挫していたが、このほど再浮上した。
その他の写真はこちら

スザンヌによると、11月からドラマ、来年1月から映画がクランクインし、
ウォン監督との話し合いも順調に進んでいるという。
また、映画での露出については「ウォン監督の映画は下品な作品じゃないし、
“3か所”さえ隠れていれば全裸だってOKよ!」と話している。
(翻訳・編集/Mathilda)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。