【トレビアン】オッパッピー熱湯コマーシャルで放送事故!? 熱くなくても「そんなの関係ねぇ!」・ニュースをコピペして保存しているブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【トレビアン】オッパッピー熱湯コマーシャルで放送事故!? 熱くなくても「そんなの関係ねぇ!」


【トレビアン】オッパッピー熱湯コマーシャルで放送事故!? 熱くなくても「そんなの関係ねぇ!」
2007年08月20日10時50分

記事引用 livedoor ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/3273962/
「オッパッピー♪」のフレーズで有名なお笑い芸人・小島よしおが、
『24時間テレビ』でとんでもない放送事故(?)を起こしてしまった。
なんと、熱湯コマーシャルの熱湯が、熱湯ではないことを
“身体を張ってネタばらし”してしまったのだ。

熱湯コマーシャルはバラエティ番組『スーパージョッキー』で1989年から始まったコーナーで、
熱湯風呂に入っていられた秒数だけ、自分をPRする時間がもらえるというもの。
多くのタレントが果敢に挑戦し、身体を張ってPRタイムを得るというこのコーナーは、
子どもから大人まで、誰もが楽しめるちょっとおバカなコーナーだ。

そんな歴史ある熱湯コマーシャルの風呂が熱湯ではなく、
じゅうぶん熱さに耐えられる温度だということを小島がバラしてしまったのだ。



生放送で熱湯風呂に入った小島は、まったく熱がることなく風呂のなかで
「そんなの関係ねぇ!」を連呼。
観覧席にいるタレントたちにお湯をかけるほどの余裕を見せていたが、
まったく熱がるそぶりを見せない小島。

さすがにヤバイと思ったのか、タレントたちが「それ熱湯!!」と叫びだし、
ようやく小島が熱がり出した。小島が風呂に入って24秒後に熱がりだしたことになる。
しかしすでに時は遅く、タレントの「熱いっていう設定が壊れちゃったよ」
というグチがスタジオにも響いた。もちろん、生放送なので撮り直しはできない。

熱湯コマーシャルは放送開始から18年以上経っているが、「ホントに熱湯なのか?」
「熱湯に入ってやけどしないの?」と思っていた視聴者もいたことだろう。
今回、小島がそんな視聴者の疑問を解いてくれたことになる。
テレビ局としては唖然だろうが、小島にとっては「そんなの関係ねぇ」といったところだろうか。

livedoor トレビアンニュースとしては、小島が日本テレビから干されず(追放されずに)に、
これからもお茶の間を楽しませて欲しいと願う。


スポンサーサイト
Copyright © 気になったニュースをコピペして保存しているブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。