巡査長が女性射殺し自殺=制服姿、拳銃使い心中-アパート一室・警視庁・ニュースをコピペして保存しているブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巡査長が女性射殺し自殺=制服姿、拳銃使い心中-アパート一室・警視庁


巡査長が女性射殺し自殺=制服姿、拳銃使い心中-アパート一室・警視庁
8月21日14時1分配信 時事通信

記事引用 Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070821-00000071-jij-soci
警視庁立川署地域課の友野秀和巡査長(40)が
東京都国分寺市の知人女性(32)宅のアパートで、
拳銃を使用して自殺していたことが21日、分かった。
この知人とみられる女性も拳銃で胸と腹を撃たれて死亡しており、
同庁は巡査長が女性を射殺し、心中をしたとみて調べている。

調べによると、巡査長は20日午後3時半から同署管内の交番で勤務を開始。
午後9時半ごろ、同署から「浮浪者が寝込んでいる」との連絡を受け、
バイクで現場に向かって以降、連絡が取れなくなっていた。

21日朝になっても戻らないため、巡査長のロッカーを捜索したところ、
女性の名刺を発見。同署幹部が女性宅を訪れ、室内を確認したところ、
巡査長と女性が向かい合うようにしてあおむけに倒れているのが見つかった。

巡査長は制服姿で、拳銃を手にしており、左胸に1発被弾していたほか、
女性も腹や胸を3発撃たれていた。拳銃には銃弾1発が残っていた。

スポンサーサイト
Copyright © 気になったニュースをコピペして保存しているブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。